何かと話題のnlpとは|コミュニケーション能力が上達

言語や嚥下に関する専門家

カウンセリング

今後需要が増える職業

言語聴覚士は言葉が話せない人や食事が上手に食べられない人などに対してリハビリテーションを行なうスペシャリストです。言語聴覚士は国家資格であるため、国が認可した養成学校に通って国家試験に合格しなければ取得することが出来ません。取得は簡単ではありませんが、一度資格をとってしまえば生涯にわたって言語聴覚士として働くことが出来るため、大きな財産になります。現在の日本は超高齢化社会であり、介護が必要な高齢者が増加しています。また、医療の進歩によって脳卒中などの病気で命が助かるようになった反面、その後遺症で苦しんでいる人がたくさんいます。脳卒中では言語中枢に後遺症が残ることが多く、自分が思ったことを発語できなくなったり、人の言葉が理解できなくなるなどの障害が起こります。言語聴覚士はそのような患者に対してリハビリテーションを行い、他者とのコミュニケーションがうまくできるようにアプローチを行います。学校では言語聴覚士として働くために必要なことを学びます。学校には3年制と4年制があり、出来るだけ早く資格を取得したい人は3年制、時間をかけて学びたい人は4年制の学校を選ぶのが一般的です。学校では授業の他に実技の勉強があり、3年生や4年生になると実際の医療現場に出向いて数ヶ月にわたる臨床実習を行ないます。実習は厳しいものですが、乗りきることで医療人として必要な知識や技術、心構えを身につけることが出来ます。