何かと話題のnlpとは|コミュニケーション能力が上達

将来の夢の実現のために

パティシエ

授業内容の特徴

製菓について専門的に学ぶことのできる高校には、独自のカリキュラムが存在し、様々な特徴があります。多くの高校で共通する点としては、まず様々な専攻のコースが存在することです。将来、自分が就きたい職業の種類によって、パティシエコースやパリへの留学コースなどが選べます。コースによって、日々学習する内容が変わります。例えば、パリへ留学する際にはフランス語の習得が必須条件となります。また、カリキュラムに個別指導が多く含まれているかも確認しましょう。高校によっては、大人数で一挙に実習が行われ、個人個人の面倒を見てくれないところもあります。少人数でみっちりとサポートしてくれる授業がある場合、将来の夢の実現に大きく貢献してくれます。授業の種類としては、実技・制作の2つがメインとなります。実技では、講師の指導のもとで、実際に製菓を行います。4〜5人のグループで1つの作品を手掛けるものが多く、チームワークの点が重視されます。作業の分担や、効率の良い行動など、コミュニケーションをとれることが必要になります。制作の面では、1人1人が計画したスイーツを自分1人で作りあげ、製菓の技術だけでなく、創造性が重視されます。制作でよい成績を残こすことができれば、就職の際にもアピールポイントとして力を発揮してくれます。これらの授業を3年間行い、3年次の前半から就職についての説明が始まります。製菓を専門で学べる高校は就職にも有利で、進路指導の充実も魅了的であり、将来設計に重要な役割を果たすのです。